計算練習をしまくりたいなら、無料でプリントできる「算願」がすごい!




中学数学を始めるにあたり、まずやりたいのが「計算練習」です。

小学生ではなかった「正負の数」は、習うより慣れろでとにかく練習したい場合も多々あるもの。ですが、そこで問題になってくるのが、中学向けの計算ドリルが意外と少ないことです。

また問題集にしても計算練習をガッツリやれるものは少なくて、計算練習がとことんできる問題集と言えば「くもんの中学数学基礎がため100%」一択という状況です。

そこで活用したいのが、ネット上の無料プリント。中学1年生向けの無料プリントも多々ありますが、中でも問題数が膨大すぎて驚くのが「算願」です。

>>>PDF算数・計算ドリルの「算願」

 

問題の量に驚け!「算願」のすごいところ

算願は、中学生向けプリントだけでなく小学生向けも無料でダウンロード可能です。

こちらがトップページですが、例えば中学1年生の「正負の数」を見てみます。右下赤枠で囲った中にある、「中1」をクリックします。

算願には、中学生向けでないプリントも多々あり!

 

こちらが中学1年生向けプリントのページになります。

 

正負の数をクリックしてみます。するとこちらの画面。プリントページまではもう1歩です。

 

  • -9から+9までの足し算引き算(『3-5』のような計算)
  • 正負の数-加減-整数(『(+1)+(+5)』のような計算)
  • 正負の数‐加減混合‐整数(『-2-(-6)』のような計算)
  • 正負の数‐加減混合‐3項以上(3項以上の計算問題で、例えば『-3-(-9)+1-4』のような計算)
  • 正負の数‐余剰‐整数(『-18÷2』や『-3×2』のような計算)
  • 正負の数‐累乗‐整数(-2の二乗のような計算)

 

例えば一番最初の『-9から+9までの足し算引き算』を見てみると、びっくりこの分量なんです!!

 

でもプリント1枚に問題が1問だったりしたらガッカリですよね?? もちろん算願はそんなことはありません。

プリント1枚1枚に問題数が多いうえに、すごく見やすいプリントなんです。

※ちなみに解答はプリントはできず、画面上での確認になります※

 

算願!!すごいです。家庭内利用ならどれだけでも無料で使用できるので、中学生の計算練習にぜひ活用しちゃいましょう。

>>>PDF算数・計算ドリルの「算願」


スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です